パソコン修理設定・データ復旧・救出のコムサス~栃木県小山市~

栃木県小山市・パソコン修理・設定COMSASスタッフブログ
Home > スタッフ日記 > 【スタッフ日記】Windows7でデスクトップアイコン(ショートカット)が消える症状

本ブログに掲載している内容に関しまして、質問等は受け付けておりません。また作業指導等も行いません。
本ブログに掲載している内容を元に作業され、発生した如何なる障害におきましても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
全て自己責任の範囲で作業するようお願い申し上げます。

 

【スタッフ日記】Windows7でデスクトップアイコン(ショートカット)が消える症状

訪問先でお客様から聞かれることが多いので載せておきます。

「突然、デスクトップにあるショートカットが消えることがある!」

Windows7の場合

破損したリンクとMSでは表現しているが、要するにリンク切れのショートカットアイコンが4つを超えるとWindows7標準のシステム保守のトラブルシューティング ツールはデスクトップから破損したショートカットと生きているショートカットもリンク切れと判断してWindowsが自動的に削除してしまうのです。

回避方法です
1)破損したショートカット「4 つ」をデスクトップから削除する
  これが根本的な解決方法です。

2)破損したショートカットをデスクトップに残しておく必要がある場合には、下記を参考に処理してください。

「システム保守のトラブルシューティング ツールを無効にする方法」
1・[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
2・[システムとセキュリティ] の [問題の発見と解決] をクリックします。

注: [システムとセキュリティ] が表示されていない場合は、コントロール パネルの表示方法を変更する必要があります。表示を変更するには、[表示方法] の下矢印をクリックし、[カテゴリ] を選択します。[表示方法] はコントロール パネルの右上隅にあります。

3・左側のナビゲーション ウィンドウで [設定の変更] をクリックします。
4・[コンピューター保守] を [無効] に設定します。


一番重要なことは、ショートカットをデスクトップに貼る場合、大本のファイルの保存場所がどこなのかを知っておくことが重要です。
今回の場合のように突然消えてしまってアタフタするのは余り格好よくありませんね(^^


ソースはこちらです。マイクロソフトのページに移動します




この記事が参考になりましたら、下記の「いいね」クリックにご協力ください

パソコンの悩み事解消します
栃木県小山市のパソコン修理設定なら-コムサス
0285-29-6550
(お問合せ 9:00~17:00)

コメント

コメントを受けつけておりません。

COMSASコムサスとは?

コムサス(COMSAS)は栃木県小山市(0285-29-6550)を拠点に県南県央をサポートするパソコン出張修理サポート、トラブル解決、データ復旧、ホームページ作成のパソコンの総合クリニックです[Computer support and service] こちらはコムサススタッフの作業レポートなどをアップしています。

 

 

 

ノートにもなるタブレット 新大学生にお勧め デル株式会社

 

★アウトレットでも安心の富士通 【300*250】わけあり

 

★おすすめウイルス駆除ソフト ノートン体験板バナー

 

マカフィー・ストア